ビタミンC誘導体とは、基本となるビタミンCを人工的に安定させた成分のことです。
その効能は美容に特化しており、皮膚に直接浸透しやすく、抗酸化作用、新陳代謝を促す作用、色素沈着を防ぐ作用、皮脂分泌のコントロール作用、肌をなめらかにする作用があります。そのため、アンチエイジング化粧品や化粧水、美白化粧水などによく使われています。
ビタミンC誘導体には、ビタミンC同様に水溶性と油溶性があります。水溶性は皮膚に吸収されやすく、化粧水や美容液に使われます。油溶性は元々水溶性だったものをエマルジョン状にしたもの、つまり水と油を合わせた状態で、主にクリーム等に配合されます。
最近では両方の性質を持ち合わせたものも開発されており、そちらは親水性と親油性があって、さらに浸透力が高くなりました。
私自身もビタミンC誘導体の入ったクリームを持っているのですが、夜に塗ると肌がしっとりとして乾燥しにくくなり   、朝までぷるぷるの肌が保てています。朝に使えば化粧品の色素沈着を防いでくれるため、帰宅後化粧を落とした後に茶ジミが出来にくくなります。また、お値段も特別高いわけではないので、誰でも手が出しやすく、試しやすくなっています。