治安も比較的安全で、気候も良いシドニーを海外旅行の行き先として選ぶ人も多いでしょう。修学旅行にも多く選ばれる都市で、海外旅行の初心者にもおすすめの場所と言えます。
シドニー観光を楽しむためにしておきたいことのひとつめに、食べ物の持ち込みが挙げられます。オーストラリアは検疫が非常に厳しい国としても有名です。日本人が旅行に持っていきそうなごま塩やふりかけ、生の食品やナッツ類、卵製品、乾燥肉などはすべて持ち込みができなくなっています。乾燥卵や乾燥肉が含まれているインスタントヌードルやスープ、加工肉が入っているレトルト食品、卵から作られているマヨネーズなどもすべて持ち込むことができないので注意しましょう。事前に申告用紙の欄にチェックして申告をしておくことで、スムーズに済ませることができます。
そして、気候には十分注意するようにしましょう。オーストラリアは日本とは季節が真逆になります。真夏や真冬の旅行の時期には特に、服装や持ち物に気をつけ、体調管理を徹底するようにしましょう。シドニーが真冬にあたるのであればマフラーや手袋、真夏にあたる場合には帽子や日焼け止めなども忘れずに用意しましょう。オーストラリアの紫外線は日本の5倍以上にもなるといわれています。普段から日焼けを気にしない人でもやけど状態になる可能性があるので、紫外線対策は劣らないようにしましょう。

キレイモ北千住店で脱毛してからお出かけしませんか?